2019年01月06日

香里園協和会 「新春のつどい」

 毎年恒例でおこなわれている香里園協和会の「新春のつどい」に参加させていただきました。
 自治会長さんからのご挨拶と、参加した市長からの挨拶があり、
 香里小学校の校長先生と香里幼稚園の園長先生も参加されていました。

 お抹茶とお菓子をいただき、自治会の皆さんと歓談。
  20190106_互例会2.jpg
   
 毎年、お抹茶やお菓子の用意など自治会の役員の方々や民生委員の方々が動いてくれています。
 ある役員の方が、一生懸命に地域のために働く皆さんの姿に感動して、自分もお手伝いしていると言ってい ました。私が、香里園東野町に住んでいたころも、子ども会の行事や自治会行事などには必ずお手伝いして くれていたのを思い出します。
 
 香里園協和会は子育て中にお世話になった地域です。
 感謝をこめて、これからも地元のために私のできることをしていこうと思います。

    2018.互例会.jpg

 
 
posted by さっちゃん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年01月05日

文化は気持ちを豊かにしてくれる・・前進座初春公演

 4日は、市役所前でそろって宣伝。毎年恒例です。
 それぞれが、ご挨拶と訴えをしました。
 それが終わって、市役所で議員と理事者の方が集まり、新年交換会。
 今年は、昆布茶での乾杯もなく、市長と議長の挨拶だけであっさり終了しました。
   2018年、市役所前宣伝.jpg
    

 それが終わって、京都に「前進座」公演を見に行きました。
 後援会の貸し切り公演で、たつみコータロー参議院議員や、清水ただしさん、
 統一地方選を戦う皆さんと一緒に舞台で紹介をしていただきました。
  前進座舞台.jpg

 本物の舞台はいいですね。
 「裏長屋騒動記」 監督・脚本は山田洋次さん。
  正直に筋を通す登場人物の人柄がにじみ出ている人情劇で、笑いと人情にあふれた作品でした。
  ラストは・・・あの山田洋次監督の有名映画のテーマソンングが、お正月気分を盛り上げてくれました。
    前進座.jpg
 
 文化は心を豊かにしてくれます。気軽に、本物の文化に触れることができるともっといいのになと思いま  す。
 
 枚方市は、「芸術文化センター」を建設中ですが、できるだけ安価な金額で場所が借りれて、多くの方が気 軽に利用できるような施設にして、もっと文化が広げたいと思います。

  

   
 
 
posted by さっちゃん at 08:37| Comment(0) | 日記

2019年01月03日

お正月何をして過ごしていますか

 あけましておめでとうございます。
 昨年は、地震や台風、豪雨災害などが続き、大変な1年でした。
 年が明けても、ブルーシートがかかっているお宅もあり、当たり前の日常が本当に大切だと、あらためて感 じています。
 それでも、お正月はご家族で楽しく過ごされているのではないでしょうか。

 我が家は、主人と次女と3人のお正月ですが、年末の11時50分から近くの山田神社で新年のご挨拶、元旦は、午後から宣伝に出るのでお正月の気分を味わうのは2日からという感じです。

 年末に忙しくできていなかった大掃除をして、少しのんびりしています。

 今年は、選挙の年です。
 景気が良くなったという政府の見解とは、まったく違うみなさんの声。
 年金だけでの生活で、医療費や介護の負担だけが増えるということへの不安。
 若い方も、教育費の負担が重く、大学までの数年間が大変です。
 こうした声があるのに、10月からは消費税が10パーセントに・・・。
 ポイント還元や、テイクアウトへの対応など、混乱が予想されています。
 教育費の無償化や社会保障の拡充といっていますが、どこまでしてくれるのか・・。

 誰でも安心して暮らせるように、国民が主人公の政治を。
 日本共産党は、今年も頑張ります。

 枚方市も、駅前の大型開発を進めようとしていますが、市民の皆さんの暮らしを支えることが第一です。
 枚方市を賑わいのある、活気に満ちた街にするなら、市民の皆さんが元気に生き生きと暮らせることが
 大切です。
 市役所庁舎の建て替えを優先し、駅前には、みんなが気軽に集える、図書館や集会所を作るなど、市民の皆 さんの意見を聞きながら進めるべきだと思っています。

 今年も、命とくらしを守る自治体としての役割を果たし、安心して暮らせる枚方市となるよう頑張ります。
 
 皆さんにとって良い年でありますように・・・・。
   
                2019年元旦.jpg

                  
 



 
posted by さっちゃん at 14:32| Comment(0) | その他