2016年03月14日

国際女性デー大阪集会・・平和をえがこう世界の空に

 3月8日に、ドーンセンターで行われた「国際女性デー大阪集会」に参加しました。
 1908〜9年に「パン」と参政権を要求して立ち上がったアメリカの女性たちの戦いを記念して、1909年ドイツのクララ・ツェトキンが提唱し、世界の助成が連帯して行動する日と決められたのが3月8日の国際女性デーです。日本では、1923年以来、さまざまな困難を乗り越え引き継がれてきました。そして、2010年に、100周年を迎えました。

 オープニングは、ソプラノとピアノのハーモニー「ゆんぽりな」の演奏でした。とってもきれいな歌声にうっとり。
 
 そのあとは、女性の運動の交流
  非正規労働の闘い・・資生堂アンフィニの裁判勝利の報告にわきました。

 記念講演は「戦争法前・戦争法後〜私たちに何ができるか〜」お話は、弁護士の金杉美和さんでした。
 まず、憲法と法律の違い・・憲法に縛られるのは内閣であり、国会。国民同士を縛るものではない・・こと 憲法にはどんなことが書いてあるのか。
 平和主義、国民主義、基本的人権の尊重、三権分立、生存権、平等権など書いてありますが、一番大切なことは、13条の「個人の尊重」で、これが憲法の目的である。
 お話を聞いていて、憲法を、もう一度しっかり学びたいと思いました。

 安倍さん・自民党は、憲法改正で・・
 「個人」の幸福という目的のため「国」をしばる憲法から、「国」の存続という目的のため「個人」をしばる憲法へ・・国や企業のために、戦争する国へ・・を狙っています

 いま、私たちができること
 1、忘れないこと・・19日行動を
 2、国民の怒りを政府に伝えること・・2000万署名
 3、夏の参院選で勝つこと・・落選運動を
 *憲法を守らない政府は退場させよう。政治を私たちの手に取り戻そう。誰も殺させないために

 こう結ばれたお話に、会場から大きな拍手が起きました。
 さあ、頑張るぞと元気が出た講演会でした。

posted by さっちゃん at 14:09| Comment(0) | その他

2016年03月03日

明日から3月議会代表質問

 市長の市政運営方針に対する「代表質問」が明日からはじまります。
 
 代表質問は、各会派から代表が一人質問をします。3人以上で会派を組んでいないと質問はできません。

 市長の市政運営方針には、枚方市の人口を増やして、若い人に負担を残さないような市政運営をしていくことなどあげられています。

 美術館の問題にはなぜか一切触れられていません。総合文化施設の敷地内に建設とされた案がその後どうなったのか、市民への説明会を行うとしていたことは、どうするのか・・全く触れられていません。
 また、市長の公約でもある「子ども医療費の18歳までの拡充」や「第2子の保育料の無料化」「35人学級」については、行革を進め財源を確保できたら実行するとして、先延ばしし、市民負担を求めた形になっています。

 代表質問は、7日まで行われます。傍聴もできます。
 日本共産党は、7日に広瀬議員が行います。議員団で、どんな質問をするか議論して作っています。
 ぜひ、傍聴におこしください。
posted by さっちゃん at 00:18| Comment(0) | 議会報告