2016年09月20日

9月定例会での一般質問

 一般質問は明日までありますが、今日で、共産党議員団の一般質問は全員終了です。
 26日の本会議には、意見書の採択があります。今回は、沖縄の高江のへりパット工事強行に反対する意見書 を提出しています。

 一般質問では、来年から始まる介護予防。日常生活支援総合事業について、「現行制度は今のまま利用できるのか」「事業の上限超過への対応」と2017年度政府が行おうとしている要介護1.2の保険はずしなどの介護保険制度のさらなる改悪について市長の対応などを質問しました。
 また、子供たちの安心・安全な学校環境の整備として、「スマホやSNSの安全な利用」や「修学旅行での食物アレルギー対応」についてなどの質問も行いました。

 来月は決算委員会があります。少し細かい質問ができますので、一つ一つの施策についてしっかり追求して頑張ります。
posted by さっちゃん at 23:22| Comment(0) | その他

2016年09月08日

メセナひらかたの男女共生フロアー「ウイル」の移転に反対

 今日は、9月定例月議会の初日。補正予算と条例の議案採決が行われました。
 15日から一般質問、来月は決算委員会と続きます。
 しばらく、忙しくなりそうです。

 今日の議案の中で、メセナひらかたにある「男女共生フロアーウイル」をサンプラザ2号館の4階に移設するための条例の提案がありました。
 女性の相談や活動支援などは引き続き、サンプラザ4階で行うということですが、現在ある専用の図書フロアーがどうなるのか決まっていません。男女共同参画の啓発事業は、メセナひらかたで開催する予定ですが、担当職員の事務所がない中で、どこまで支援ができるのか、市民の活動の支援ができるのか、まったくわかりません。
 早くから、女性センターとしての役割を果たしてきたメセナひらかたですが、今後は、新しく予定している「総合文化施設」の別館として使うため、ただ部屋をかすだけの「貸館」として整えていこうとしているとしか思えません。
 共産党議員団は、こうした理由から条例に反対しました。
 
 
posted by さっちゃん at 22:40| Comment(0) | その他

2016年09月07日

蚊によるデング熱・ジカ熱・・発生地域と対策の調査

 国が、都道府県と政令指定都市に「デング熱やジカ熱」をおこす蚊の発生地域や発生した時の対策などについて調査をおこなっとNHKのニュースで報道されていました。
 枚方市は、「発生地域なし」と報告されているようでしたが、蚊の発生がないとは考えにくいとのコメントが最後にあったので、気になって保健所に問い合わせてみました。
 枚方保健所では、毎年、2か所で蚊を採取し公衆衛生研究所に検査を依頼しているそうです。
昨年は「保健所近くの草むらと枚方パーク(協力していただきました)」今年は「市役所近くの草むらと王仁公園」で蚊を採取したそうです。
 枚方市では、一度も陽性の蚊の採取はないため、発生地位なしと報告したという事で、結果はホームページで公開しているという事です。
 また、もし発生した場合の対策は、ベストコントロール協会という駆除の専門機関と協定を結び迅速な対応ができるようマニュアルを作成しているという事でした。
 中核市になって保健所ができ、大阪府と連携して対応ができていることは大きなメリットと言えます。
 現在、保健所には大阪府の職員が応援に来ています。本当に助かっています。でも、3年の約束なのでそろそろ帰ってしまいます。それまでに、市の職員さんが豊富な経験とスキルを学んで、市民の安心・安全な生活のために精一杯の努力をしてほしいと思います。
posted by さっちゃん at 13:22| Comment(0) | その他