2016年11月15日

厚生常任委員会で横須賀市と東京都荒川区を視察

 11月1・2日と厚生常任委員会で、横須賀市と東京都荒川区に視察に行きました。
 横須賀市では、平成23年から市民が地域で安心して在宅医療生活をおくれるよう、現場の医療関係者、福祉関係者の連携を深め、具体的な方法について検討する連携システムを在宅医療と介護連携推進の取り組みを進めています。取り組みを進めるにあたって、現状の分析をしっかり行い目指す方向を「療養や見取りを、病院か在宅かの選択ができるよう体制づくりをする」とし、医療・介護のネットワークを作っていきました。
 市民には「在宅医療についてのガイドブック」も配布されています。国が、施設から在宅へと進める中、自治体の受け皿づくりをどうするのかが問題ですが、何よりしっかりとした現状調査を行い施策を進めることが大切だと感じました。
 東京都荒川区の「子どもの貧困」への取り組みも、子どもの貧困問題検討委員会の設置、区がかかわって設置した自治総合研究所で、現状について徹底的に調査をし、区全体として今何が必要かを考え取り組みを具体化しています。
 貧困の連鎖を断ち切るための学習支援、保育園による早期発見体制の充実、子どもの居場所づくりをすすめる団体への支援、産後うつや育児不安のある家庭への訪問など進めている事業は、枚方市でも行っているものもありますが、荒川区には
ひとつ一つの取り組みをつなぐための「検討部会」があり、担当する部署で情報共有している点が大きく違います。
 視察を通して、まず市民の暮らしの現状をしっかり調査し、実態にあった施策を行うこと、問題にかかわるすべての部署がつながって施策を進めていくことが必要だと感じました。
 枚方市でもこうした取り組みを行うよう、求めていきたいと思います。
posted by さっちゃん at 23:46| Comment(0) | その他