2017年11月04日

子どもの放課後の居場所は市の直営で。

 学童保育の運営を、民間に委託する自治体が増えてきています。
  ・・・枚方市では「留守家庭児童会」といっています。・・・
 大阪府下では、泉佐野市では2015年から株式会社に委託、吹田市でも推進中など、民間への委託がすすんでいます。
 そんな中、箕浦市では民間委託では安定運営に不安要素があるとし、現行の社会福祉協議会から市直営の運営に移行する方向で検討がされています。

 子ども子育て支援新制度ができ、子育ての制度を公的制度から市場型の制度にしていくことを最大の目的としているなかで、進められる民営化。
 保育所や学童保育などの民営化を進める中、委託事業者もそれまでの社会福祉協議会や保護者会の運営で毎年委託延長をしてきたものから、期間を3〜5年と限定し企業に開放するなど従来と異なる民営化が進んでいます。
 
 学童保育は、共働きやひとり親の家庭など小学生が平日の放課後や長期休暇中に過ごす場所です。
 枚方市の留守家庭児童会も、保護者の運動からはじまり、今はすべての小学校にあります。
これからも子どもたちの安心安全な放課後の居場所、豊かに過ごす場所を保証することが大切です。

 枚方市では、まだ民間委託の話はありませんが、現在審議会での審議が進んでいる「児童の放課後の居場所」では、親の就労にかかわらず放課後を学校で過ごすことができる全児童を対象とした「放課後子ども教室」について検討が進められ教育委員会の考えを今年度中に示す予定です。
 子どもたちが安心して過ごせる放課後の居場所にするために、私の所属している文教常任委員会でも視察や研修会を重ね調査研究をすすめています。
 
 
 
 

 

 

posted by さっちゃん at 00:49| Comment(0) | その他