2018年01月31日

長寿社会のまちづくり・・議員研修会

 長寿社会のまちづくりと題して、柏市の取り組みのお話を聞きました。
 講師は、東京大学高齢社会総合研究機構の客員研究員で元柏市保健福祉部長の木村清一さんでした。

 柏市は東京のベットタウンとして発展、大阪と京都のベットタウンとして発展した枚方市とはよく似ています。
 枚方市の高齢化率は、平成27年には25,4%で104015人でしたが、平成37年には27.7%で112,437人になると予想され、柏市もよく似た状況です。

 後期高齢者が増える2025年から2030年(団塊の世代が75歳を超える)までに、市民の誰もが住み慣れた日常生活圏域内で新しい暮らしのシステムが必要とされていると考え、柏市では「地域包括ケアシステム」づくりと「高齢者の生きがいの就労の実現」にむけたとりくみを始めたそうです。
 一日でも長く元気でいたいと誰でも願っています。支援が必要な方はしっかりと支え、元気な方には元気でいてもらうための手助けをする、これが大切です。

 元気な高齢者が多い地域の特徴は「人と人とのつながりが強い」ということだそうです。
 外に出ていく機会を増やし、無理なく楽しく働ける。地域に自分の役割があるなどつながりを作るためのヒントをたくさん教えていただきました。
 なにより、高齢化社会への取り組みをまちづくりとしてとらえている点は、深く学んで枚方市のまちづくりに役立てたいと思いました。また、まちづくりに市民参加の仕組みを充実させることが前提となっているということも忘れてはならないことだと感じました
posted by さっちゃん at 00:40| Comment(0) | その他

2018年01月25日

保護司会校区懇談会に参加・・社会復帰のためにできること

 校区の保護司の方が開催された「校区懇談会」に枚二中地域教育協議会の会長代理で参加させていただきました。

 犯罪を犯した人が罪を償い社会復帰をめざすときの更生保護活動は、個人の強くまっすぐ生きようとする力を引き出すことがカギとなるそうです。
 しかし、居場所がない、就労ができないなどの課題も多く、周囲の目が厳しい中で社会復帰が難しく、再犯をおかしてしまう場合もあるということでした。
 犯行の6割が再犯といわれているそうです。

 保護司の方からは、地域との連携が必要となるといわれていましたが、個人情報の問題や守秘義務もあり、情報共有ができない中で、地域の理解を得るのは難しいとの課題が出されました。

 犯罪を犯しても戻る場所があることが大切といわれましたが、罪を憎んで人を憎まずといった言葉があるように、一人ひとりの人権をどう守っていくのかが問われていると思いました。

 座談会では、子どもたちを被害者にも加害者にもしないために地域でできることを話しあいました。
「あいさつ」の大切さや、地域で気になることを共有することが大切で、地域の大人で子どもたちを見守っていきたいとの意見が出され、地域の皆さんのあたたかさをあらためて感じました。

 終わってから、保護司の方から、就労に協力してくれる企業などを増やすな取り組みを、市役所でもしてほしいとご要望をいただきました。
 社会復帰の第一歩は働く場所があることだということなので、担当課に要望を伝え実現のために考えた行きたいと思います。
posted by さっちゃん at 00:09| Comment(0) | その他

2018年01月21日

震災を忘れないために

 1月は17日が阪神大震災、3月は11日が東日本大震災がおきた日です。
 少し前は、関東大震災のおきた9月1日を防災の日として、避難訓練などを行っていましたが 今は、1月や3月の震災の日に防災訓練を行っているところも増えています。
 枚方市では、1月18日に災害を想定した訓練を行っています。震災での被害を教訓に、自治体での取り組みも少しづつですが進んでいます。一人ひとりがあの出来事を忘れないことが、大切だとあらためて思います。

 たくさんの被害者や残された遺族の苦悩は、計り知れない。今でも時間が止まったままの方もいると思うと心が痛みます。
 震災だけでなく福島の原発事故による被害は、想定外の影響をもたらしました。
 福島の放射能の高い地域を通っている高速道路は、サービスエリアが全くないところがあるそうです。車から降りれない地域ということなのでしょうか。

 国は原発事故が終わったことのように、再稼働をすすめています。
 福島はまだ元に戻っていません。取り返しのつかないことになる前に、再稼働はやめるべきです。
 自然エネルギーの活用をすすめるべきです、故郷を追われる人が二度と出ない様に・・。

 

 

 
 
 
posted by さっちゃん at 23:57| Comment(0) | その他