2016年05月26日

子どもが安心できる居場所づくり・・子ども食堂

 いま 子どもの貧困化が問題になっています。厚生労働省によると、2012年の子どもの貧困率は全国で16・3%。子どもの6人に1人、ひとり親世帯では、半数の世帯が貧困状態に貧困状態にあるということです。『こどもの貧困格差、日本、先進41ヶ国で下から8番目』ーユニセフ(国連児童基金)が発表ーというニュースも先週、飛び込んできました。
 貧困世帯、ひとり親世帯の親の中には、家庭を支えるために長時間労働を強いられ、子どもたちと関る時間が少なく、子どもたちに十分な目配りが出来ない状況にあると思われます。そんな家庭に育つ子どもの中には、家に帰っても親がおらず、話を聞いてもらったり、気持ちを受け止めてもらえず、寂しい気持ちが募っています。今ほど、子どもたちの居場所づくりを進めることが必要な時期はありません。
 全国的にいま 進められている、「子ども食堂」をご存知ですか? 子どもたちに夕食の提供、学習支援などを行うところです。
 どんな家庭に生まれてもこどもが健やかに成長し、安心して過ごせる環境を作っていかなくてはなりません。「子ども食堂」を枚方でも広げ、子ども達の居場所ができればと思っています。
  堺市は、「子ども食堂」を来年度から設置するため、2016年度当初予算に500万円を計上しました。委託先を公募し夏にもスタートさせるとしています。初年度は孤食や貧困の実態を探り、再来年度以降は市が運営費の全額を負担するのか、民間団体の活動費の一部に補助を出すのかなど実施方法を検討していくとされています。
 全国で「子ども食堂」の取り組みが広がる中、自治体が、食を切り口にして、子どもの貧困問題の解決に向けた努力をしようとしている取り組みを参考にし、枚方市でも「子ども食堂」への支援を行ない、設置ができるよう努力していきたいと思います。
 私の周りでも「子ども食堂、学習支援のために、自宅の一部を提供していい」という話が盛り上がっています。 私も一緒になって子ども達の笑顔があふれる「子ども食堂」実現のために頑張っていきます。
posted by さっちゃん at 01:07| Comment(1) | その他
この記事へのコメント
つつみ幸子様へ
子供食堂を推進されると聞きました
開設にあたって厨房備品が必要であれば、寄付しますのでご連絡ください
私は以前飲食業を経営してまして、中古ですが多少の備品は保管しています
よろしくお願いします
少しでもお役に立てればと思います

枚方市長尾元町4-7-11 願野高史  090-3163-4218
Posted by 願野高史 at 2016年06月04日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: