2018年04月10日

公立幼稚園は絶対に必要

 小学校、中学校と入学式が続き今日は幼稚園の入学式でした。

 この間、公立の幼稚園はどんどん減らされ、今は7校のみ。
 その中の一つ香里小学校の中にある「香里幼稚園」の入学式に列席しました。

 幼稚園は1クラスの定員が35人で、今年度は年長さん44人で2クラス、年少さんは32人で1クラスのスタートになりました。子どもたちは、とっても元気で成長が楽しみです。

 年長さんにも、年少さんにも支援が必要なお子さんがいますが、先生の加配がそれぞれにあり、一人ひとりに丁寧に向き合える環境が整っているので、2年間で大きく成長して卒園していきます。
 用務員の方や預かり保育の先生、加配の先生など、77人の子どもに11人ほどの先生がかかわることになり、安心して子どもを預けられると思います。1人の子どもにお金(税金)がかかりすぎていると指摘をする議員もいますが、私はそうは思えません。
 公立の幼稚園は、支援が必要な子どもも誰でも同じに受け入れます。これは自治体にしかできないのではないかと思います。
 また、公立の小学校との連携もできているので、どの子も1年生になるときに安心です。

 今年度中に、公立幼稚園の今後について方針が出されます。
 これ以上の廃止はおこなわず、どの子も受け入れられる公立の幼稚園は地域に残すべきです。

 20180409_102203.jpg

    
posted by さっちゃん at 00:36| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: