2018年09月12日

9月4日の台風被害

 9月4日に大阪を直撃した台風21号。
 大阪府内はもちろん、枚方市内でもたくさんの被害が出ています。
 この間、地域をまわりご相談を受けたり、枚方市の相談窓口の案内ビラをまいたりしていますが、とても追 いつかないのが現状です。

 香里ケ丘の地域の公園が倒木のため、ほとんどが進入禁止になっています。
 一般住宅は、屋根の瓦が落たり、地震でひびが入っていた外壁の崩落。
 窓ガラスの破損や、ベランダのやねが飛ばされたり、駐車場の門が破損。
 店舗の方は、看板が飛ばされたり、倉庫のトタンが飛ばされて穴が開いたりしています。
 マンションの方も、渡り廊下の破損や、窓ガラスの破損などがあったようで、駐車場の車の被害もありまし た。
 
 困るのは、修理の業者の方が忙しく、なかなか来ていただけないことです。
 業者によっては、40件、70件と依頼があり対応ができないということでした。

 雨が降り雨漏りがしているところのもあり、とりあえず漏電にならない様に電気屋さんにお願いし、
 業者の修理を待つことにしていただいたところもあります。ブルーシートだけでもはってもらえるようにお 願いしているところですが、屋根に上がるとなると素人ではなかなか難しいところもあり、やはり業者の方 にお願いするしかありません。本当に大変です。

 高齢者の世帯も多く、対応ができていないご家庭もあります。引き続き、訪問しながらご相談をお受けして いこうと思います。

 

 
posted by さっちゃん at 00:05| Comment(1) | その他
この記事へのコメント
市政報告「えがお」読ませて頂きました。

台風21号の後については私も思うところが多々あります。
列挙させてください。

1.(えがおにもあったように)震災ゴミの電話が全くつながらない。

  最初粗ゴミか?と思い電話。繋がらない。
  繋がると「減量業務室(名前、うろ覚えです)」

  減量業務室も繋がらない。やっと繋がりその旨をいうと5回線に増やしているとの事。
  ・・・これだけの災害で5回線は少なすぎると思います。
  
  市のホームページもチェックしましたが、北部地震の災害ゴミは締め切りました
  の表示のままでした。
  私の場合、平日は勤務しているので、お昼休みしか電話ができません。
  結局、繋がるまで、丸4日を費やしました。
  後から土曜も特別に電話を受け付けていたことをしりましたが
  こういう情報はHPでいち早く知らせるべきだと思います。

  私の場合、物置の破損でしたが、解体しないと収集はできない事がわかりました。

 2. 災害ボラの方が見積もりに来られる。
   無料、という事で感謝していたのですが、
   日程は、ボラが集まってからなので、1、2日前にならないとわからない、との事。

   これでは、会社を休めません。せめて1週間前でないと。

   仕方がないので、便利屋に依頼。〇万円の出費となりました。

 3. 市は災害ゴミの収集は、原則時間指定なし、の粗ゴミ収集と同じ場所、と言いますが、物置3つ分を解体したものを、道路ぎわに丸一日立てかけておく、というのは大変危険です。その日の天候によっては、道路に倒れてしまうかもしれません。通行人が怪我をするかもしれません。

   これからも自然災害は起きるのだから(現に本日の夜、大型台風が接近します)

  災害ゴミを迅速に賢く処分する方法。
  まずは電話を繋がりやすくする。
  電話を待つ間はツーツー音ではなく、
  例「HPでもご紹介しております。」(今回はHP紹介はありませんでしたが)
  という音声を流す・・・など、改善する必要があると思います。

  自分達では出来ない旨を伝え、災害ボランティアセンターを紹介される。
Posted by 渚 at 2018年09月30日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。