2018年10月17日

香里園町にある結婚式場(旧パレス愛)の解体工事説明会

 香里会館で、香里園町にある結婚式場「ノートルダムセンティア(旧パレス愛)」の解体工事の説明会が行われました。
 私も、参加をさせていただきました。

 あの結婚式場の現在の持ち主は「京阪電鉄不動産株式会社」で今回の開発の事業主だそうです。
 説明会には事業主の代理「株式会社長谷工コーポレーション」と解体にかかわる工事業者の方が来られていました。

 はじめに、工事のトラックが通るので一方通行を解除させてほしいことや、車両の通行、時間など説明がありましたが、参加した住民の方からは、具体的な工事に対するご意見とともに「解体後どうなるのか聞かせてほしい」「事業主がはじめにくるべきではないか」などの意見が出されました。

 900坪あるという土地です。近隣商業地域で容積率300%ということなので、マンションだったらどのくらいの高さのものがたつのかなど、住民の皆さんが不安に思われるのは当然です。

 私からも、事業主の方が参加して、あらためて1回目を開催するべきではないかと質問しました。
 担当の方は、事業主に伝えますということでしたが、解体の業者がかかわるのは一時ですが、住民の方は住 み続けなければいけません。そう考えると、事業主からの今後の予定も含めた説明が必要です。

 この間、香里小学校区では開発ラッシュです。
 税務大学跡、公務員宿舎跡、D地区50棟の解体など・・・
 協和会の地域も、新しい家が次々と建てられています。
 これまで住んでいた方と、これから住む方と、一緒により良い地域を作っていけるといいと思います。
 安心して住める地域は、健康で長寿の方が多いというデータもあるようです。
 これからも、だれでも安心してすみつづけられる街になるよう努力していきたいと思います。
 



 

 
posted by さっちゃん at 00:55| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。