2018年11月06日

災害時つながりにくかった市役所の電話

 ブログへのコメントで、災害時に電話がつながりにくかったというご意見を伺いました。

 枚方市役所の代表電話は、以前は直営で電話交換手によって市役所の中で取り次いでいましたが、伏見市長の民間にできることは民間でという考えのもと、業者に委託されコールセンターにつながって、市役所に取り次いでいます。
 そのため、緊急時に対応に遅れが出てしまったのも原因の一つといえます。
 また、委託料を抑えるために、電話の席数(オペレーターの人数)を少なくしているのもかかってきた電話が処理できない原因の一つです。
 緊急時どころか、日常的に取次率が88%程度にとどまっておることも、この間の検証であきらかになりました。豊中市なども委託していますが、取次率は95%ぐらいとなっており、電話の席数も枚方市より多いのが現状です。委託料を抑えたことが原因ですが、この点は改善を行うべきです。
 枚方市はこのまま委託を続けようとしていますが、緊急時の対応が不十分となることを考えると、直営に戻し、きめ細やかな対応をするべきです。
 この点は、引き続き要望を続けていきます。
posted by さっちゃん at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184878958
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック