2019年03月23日

知事選挙がはじまった・・どの子も安心して食べられる学校給食に

 21日告示で知事選挙がはじまりました。
 街中の掲示板にも、2人のポスターが貼ってあります。
 大阪のこれからがどうなるのか、今度の選挙は大きな意味を持つと思いますが、
 皆さんの関心はもう一つなのかもしれません。

 私が、議員になった8年前、当時はもう維新の知事でしたが、中学校給食の大阪の実施率が低く、
 ほかのところに負けていることを問題しに、市町村に補助金を出すと実施を促しまし た。
 ここまでは、良かったと思いましたが、実施までの年数が短期間となっていて、「期間内に開始しないと補助金は出さない。」こういう内容になっていたため、自治体の給食センターの建設が間に合わないと判断したところが多くありました。
 民間業者のお弁当を購入しても補助金を出すとしたので、寝屋川市や大阪市など多くに市町村では、給食業者からの弁当を購入するというやり方をとり、中学校給食の実施をしました。
 また、保護者の理解や教師からの意見がまとめられず、選択制となったところも多くありました。

 補助金を受けるための施策を検討するための期間が短いと十分な議論ができません。アレルギーの対応の問題も、保護者の意見を聞くことが必要で、時間をかけるべきです。
 この維新の知事のやり方は、
 早く結果を出したいための補助金の出し方で、子どもたちのことを本当に考えたやり方とは思えま せんでした。子どもたちにとって、よりよいものを作ることが必要で、期間を決めてすることではありませ ん

 さらに、業者からの弁当での給食は、「試食したときと子どもに提供されたものが違う」「髪の毛が混入していた」「冷凍で保存されたものを自然解凍し提供するので、まだ凍っていた」など多くの問題点があがり、お弁当に戻してほしいとの意見も上がりました。
 
 
 枚方市でも、当時、あわてて計画をたて、実施までの期間に何とか間に合うように、はじめはお弁当を作る業者のお弁当で対応するという、意見もありましたが、これまでの小学校の給食の質が高く、これを落としたくないとの思いと、安心・安全な給食をひらかたの子どもたちには提供したいとの運動も広がり、選択制ではありますが、市の給食センターで作った給食を提供することになりました。給食センターが期間内に建てられたのは、市民の運動と、当時の枚方の教育長の思いです。
 
 大阪では、中学校給食の実施率は90%を越えていますが、喫食率(実際に食べている割合)は60%にとどまっています。枚方市でも30%を越えていますが、目標の50%には達していません。
 
 子どもたちに、安心・安全であたたかい学校給食を提供することは自治体の役割です。
 子どもの貧困が問題になっている今、あらためて子どもたちの健やかな成長のためという学校給食の役割を 大切にし、どんな境遇にある子にも給食の提供をすることが必要です。

 大阪の知事には、どの子にも等しく、自治体の責任で作る給食。安心・安全な学校給食が提供できる環境を作ってほしいと思います。

 
  

 
 


 
posted by さっちゃん at 08:44| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。