2018年05月28日

監査委員、初めての公務

 5月25日、近畿地区都市監査委員会の総会と研修会が京都で行われました。

 監査委員に就任し初めての公務になります。

 会計報告などがおこなわれ、「地方自治体の内部統制が直面する課題ー自治法150条をふまえて」と題して研修会も行われました。
 講師は関西学院大学専門職大学院経営戦力研究科の石原俊彦教授でした。

 監査の定義にはじまり、監査の強化について。
 地方自治体における内部統制・・自治体の内部でのリスクの予防・発見・修正をどう構築するのか。
 議員選出の監査委員に期待されていることや議会での情報共有。
 
 地方自治体関係者の不正とや補助金などの不正受給など、現状の課題についても話されましたが、
 入札の不正があた枚方市にとっては厳しいご意見でした。
 
 地方自治法が改正されたのをうけて、大阪府は「議員選出の監査委員の廃止する条例」を可決しました。
 大津市議会も2018年度から廃止の方向です。
 「名誉職ではないか」「議員の監査は執行部寄りになりがち」といった批判も聞かれます。
 講師の方は、議員枠は必要という認識でしたが、様々な批判をされないためにも、責任をもってつとめていきたいと思います。
posted by さっちゃん at 11:19| Comment(0) | その他

2018年05月16日

2018年度の市議会がはじまりました。

 昨日14日から、新年度臨時議会がはじまりました。
 今期の議員最後の年度になります。これまで以上に気が引き締まります。

 初日は、議長、副議長がきまりました。
 議長は、岡林議員、副議長は木村議員です。
 副議長には、私たち日本共産党議員団からも候補者をだしましたが、選挙となり多数決で木村議員に決まりました。
 ちなみに、野口議員には5票、白票が3票、木村議員には24票でした。

 明日は、監査委員、各常任委員が決まります。
 6月議会は通常の議会になります。
 この間、寄せられた要望などを取り上げ、市民の皆さんの要求実現のために頑張ります。
posted by さっちゃん at 00:16| Comment(0) | その他

2018年05月08日

すべての子どもに良い本を・・枚方市の図書館づくり運動

 枚方市には、中央図書館、香里ケ丘図書館やさだ図書館などの分館、地域のある分室があり、身近に本がある環境が整っています。
 そのおかげで、気軽に子どもと図書館で本を借りたり、子育てサークルなどで読み聞かせを行うために団体で借りることもできます。
 昭和47年までは、枚方市民会館の3階にあった「枚方市図書館センター」だけで、本の購入予算も少なく、子どもたちが満足できる量の本がなかったそうです。
 現在、枚方市に図書館がたくさんあるのは、「子どもに読書の喜びを」「すべての子どもに良い本を」図書館づくり運動が広がり、大きな力となったおかげです。
 ポストの数ほど保育所を、図書館をと市民運動が広がり、社会教育の街ひらかた、子育ての街ひらかた・・以前はこういわれていました。

 先日、その図書館運動の中心で活動された方とお話しすることができました。
 健やかなに育ってほしい、子どもたちに良い本との出会いをさせてあげたいとの思いで、運動をされてきたとのことでした。資料も拝見し、そのころの「子どもたちに本を」の思いの強さを感じました。

 いま、利用が少ないことを理由に、東香里や茄子作、釈尊寺の分室の廃止が検討されています。
 新しくなる近隣の香里ケ丘図書館に通える範囲だからということも理由になっていますが、とても徒歩ではいけず、交通機関を使うとお金もかかります。高齢者や小さなお子さんのいる場合は通うことが難しくなってしまいます。見直しに対して、地元の皆さんから「身近な図書館を残してほしい」「子どものころから通っている、今は自分の子どもが通っている、大切な場所なのでなくさないでほしい」などたくさんの意見が枚方市に寄せられました。
 
 こうした地元の皆さんの声を無視して「身近な図書館分室を廃止する」ことは許されないと、これまで市議会で、何度も求めてきましたが、効率を求める枚方市の方針はかわりません。
 しかし、運動で勝ち取った「どこに住んでいても好きな本がよめる」という権利を失うことのないよう、分室の利用者を増やす努力をすすめながら、地域の宝である分室の廃止をやめさせるよう引き続き求めていきます。
 
 
posted by さっちゃん at 01:22| Comment(0) | その他